人生、焦げついてなんぼ!
明日を笑って迎えるためのエネルギーを培う、
もう一つの居場所

ふりかえってみると、私は山あり谷ありの道を歩いてきました。ただ、日々をあたりまえに過ごすうちに、こう強く思うようになったのです。

「焦げ目が人生の深みを増し、焦げ目こそが味のある人間を作り出す」。

綺麗な生き方より、少し焦げた人生の方が愛らしい。焦げ目がついたくらいからが人生の本番! と感じるのです。

 

幾多の経験を重ねた私だから話せる、日々の気づきや人生観。ちょっとやそっとじゃへこたれず、笑いに変えていく力。子育てや仕事をしながら、まだまだやってみたいこと。亜希のまどい寮では、そんなことを寮生に伝えていきます。ここから何かを受け取ってもらえたら嬉しいです。

 

そして、ふだんの生活では出会うことのなかった人との出会いも、ぜひ活用してください。こういう生き方もあるんだ、こんな世界もあるんだ、など、見える世界がぐっと広がっていくと思います。

亜希のまどい寮は、オンラインコミュニティでありながら、大家族のようなチームで作る、温かい「まどい(円居)」を大切にします。「おかえり」「おはよう」「いってらっしゃい」「おやすみ」というごくあたりまえの日常会話が自然と交わされる場所です。​そしてここで培ったエネルギーや知恵を、皆さんが実生活で活かせることを願っています。

 

寮母・亜希

まどい教訓3カ条

① 寮費払ってまで損するな

 受け身ではなく、何かを吸収したいという前向きな姿勢で参加を

② 仲間の長所を見つけよう

いくつになっても発見や学びがあるって楽しい!

③ 一匹狼、万歳

ウワサ話は犬も食わない。自分の物差しで物事を見つめよう

​ PROFILE

亜希

「亜希のまどい寮」の寮母。モデル、アパレルブランド「AK+1」のディレクションを務めながら、大学生と高校生の男児2人を育てるシングルマザー。育ち盛りなスポーツ少年に作り続ける豪快な家庭料理は、雑誌やテレビ、WEBメディアで取り上げていただくことも多々。また現在、YouTube「亜希の母ちゃん食堂」を配信中。2021年、当オンラインサロン「亜希のまどい寮」を設立。同年、オンライン料理教室「亜希ちゃん印」を開く。著書には「亜希のことば」「お弁当が知ってる家族のおはなし」がある。

​ CONTENTS​ (3期:2021年8〜10月)

1 まどい寮専用インスタグラム

まどい寮生だけが参加できる、寮専用インスタグラムアカウントに招待します。ここでは、ちょっと笑えたり元気になったり、考えるきっかけになったりする2つのコンテンツを用意しています。

<ながらジオ>

寮母が素の自分を出して、日頃の気づきや出来事をお話しします。寮生からの質問やリクエストも受け付けます。文字通り、何かをしながら聞いてください。早起きしてお弁当づくりをする朝や、一日を終えてベッドに潜りんこんだ夜、ふと気軽に耳を傾けると、「ひとりのようでひとりじゃない」、そんなほっとした気持ちになれるかもしれません。

<ひとこと格言>

言葉のキャッチボールを何より大事にする寮母が、その時々で伝えたい「格言」を、手書きのワンフレーズにしたためて投稿します。笑いのスパイスを好むため独特の表現も多いですが、だからこそ受け取り方も千差万別。それぞれの人生に照らし合わせて、感じたことや心の中に思いめぐらせたことをコメント欄にお寄せください。画面をスクリーンショットして携帯の待ち受け画面にされるなど(!)、日々のお守りとして活用していただいても嬉しいです。

2 特別談話室

各ジャンルのユニークでプロフェッショナルな方々をゲストにお招きして、寮母が対談します。寮生からゲストへの質問タイムも設けています。

3 スナックまどい・カフェまどい

寮生がオンラインミーティングで集まり、いろいろなテーマについて語りあう場です。お酒やコーヒーなど好きな飲み物とおつまみを片手に、フランクに交流してください。寮が提案するテーマでお話したり、「ながらジオ」や「格言」で寮母が残した言葉について、それぞれの受け止め方を共有しあったり。大勢の場では話しにくくて…という方もご安心を。少人数に分かれてゆったりと話せるグループセッションも予定しています。オンラインコミュニティならではの役職や肩書きの壁を取っ払った関係性の中で、自分以外の価値観や考え方に触れてみると、新たな発見があったり気づかされることも多いと思います。

4 まどい道場

寮母とサシで語る道場です。基本的には「人生における悩み」を語り合い、寮母がもつ得意技をご賞味ください。「ちょっと笑いたい、息抜きしたい」という方もどうぞ。寮生それぞれの個性を知りたいので、在籍中一度は門を叩いてみる価値あり。(別途4,400円/20分  ※2枠連続(40分)も可能です。予約枠に限りがあるため、抽選とさせていただきます)

5 台所からこんにちは!

寮母・亜希が教える、オンラインの料理クラスです。食べ盛りスポーツ男子の胃袋を満たしてきた、栄養と愛情を詰め込んだレシピをご紹介。カラダとお財布にやさしく、見た目に凝りすぎず、忙しい毎日の中でこそ実践していただきたい簡単レシピを予定しています。いつもはひとりでやる料理も、みんなでやればその楽しみに改めて気づくことも!(不定期開催・別途3,000円(税別)​

6  【◯◯】の部屋

寮生どうしが自由に会話をできる「チャットルーム」です。現在は、「子育ての部屋」「仕事の部屋」「シングルマザーの部屋」など、16の部屋が常設。同じ興味や関心のある人、似たような悩みを抱える人と気軽に会話しましょう。

7 まどい部

新しい趣味を見つけたり、仲間と交流を深められる活動の場です。寮母・亜希のアパレルブランド「AK+1」のオンラインミーティングに参加できたり、または、寮生が講師となり“ちょっと得意なこと”を教え合ったりしていきます。(たとえばヨガやお菓子作り、英会話など) 日々の息抜きとしてお楽しみください。

8 ミライプロジェクト(寮生活動)

まどい寮生有志が主体となり、世の中のためになること、寮生それぞれも楽しんで充実すること、ポジティブな未来を創ることを、チームワークで行う活動です。“できる人ができる時に”というアットホームな雰囲気ですが、アツい心のある方大歓迎。

​ 最後に

 生きていれば悩みはつきないもの。ただそれが自分の進むべき道をじゃまして、身動きがとれなくなってしまう時間はもったいない!というのが私の考えです。会話のキャッチボールを交わし、気持ちを通わす仲間がいれば、心はきっと軽くなる。誰かの経験に耳を傾けたことが、いつか解決の糸口になる。実生活以外にもう一つ、自分の心を預けられる場所として、まどい寮を愛していただけたら嬉しいです。

 

 私が好きな、佐藤初女さんの著書「いのちをむすぶ」のなかに、「ひとつの出会いが、また次へと結ばれて融合し、うねりとなってどこまでも広がっていく」という言葉があります。この言葉をお借りして、私もまどい寮生の皆さんと過ごす日々を大切にしていきたいと思います。

 

 最後に、まどい寮にはいつか叶えたい夢があります。それは本物の寮を建てるということ。幼少期に親と良い関係を持てなかった人が愛に満たされる寮、メジャーではないスポーツを本業とするアスリートの寮、子供たちが家庭の味に親しんで過ごせる寮…。どんな寮になるかはわかりませんが、オンライン「まどい寮」で真の絆が生まれた先に、皆さんと一緒に大きな夢の実現に向かう日々があると信じています。